今日の買いもの。

 買いました。

 これのお陰で、本日より更新が少なめ、もしくは軽めになると思われますが、ホント、大目に見て下さいませ。「ドラクエV」の時はアンテナから外されまくったので……。→のスライムの中でドラクエ日記(本当にただの日記になると思いますが)書いてますので、よろしくお願いします。

「マジカル美勇伝」

 唐突に思い付いたのですけど、美勇伝ダチョウ倶楽部ってどうだろう。石川=肥後、三好=寺門、岡田=上島で。なので、本項目では今後、石川梨華さんのことを「リーダー」と呼びます。嘘。

 そんなわけで、岡田唯回答編の続き。本日も、全ては岡田さんの掌の上です。

 八つ目は「足が小さい」。これもまた該当者無し。岡田さんは「22.5」らしいです。ちっちゃ!石川リーダーも同じ大きさだそうで、それにキラーマシン二人が反応。「石川さん手とかかわいいの〜」「ちっちゃいの〜」「赤ちゃんみたいなの〜」と誉められ、石川リーダー黙り。普段あまり誉められてないんでしょうか。で、道重さゆみさんは更にこう誉めます。

「寒いときとか(手を合わせて)こうやって温めてくれるときかわいいの」

君らは遭難者ですか。その隣でマジ照れ笑いのリーダー。普段、ホントに誉められないんですね。やっと我に返って「私の話はいいの!」と言ったときには川島も

「(今は)岡田さんなんですよ」

とやんわり注意。キラーマシンも負けていません。

 その川島、またしてもハズした三好絵梨香さんに「一緒に居たら分かりそうなもんですけど」と振ると、三好さん曰く「自分が 23 だから、特徴と言うほど小さいとは思わなかった」そうで

19 とかだったらちっちゃいな〜って思うんですけど」

岡田さんの年で 19 だったら、そりゃ間違いなく何らかの異常ですけどね。リーダー、すかさず「それは赤ちゃんだから」とツッコみますが赤ちゃんはそんなにデカくねぇよ

 九つ目は「たのしい」。感想かよ。川島は思わず「すいません」と困惑、キラーマシン二人は崩れ落ちます。川島が「それは今の気分ですか?答えですか?」と改めて訊くと「答えです」との事。とうとう仲良し・三好さんも「それはどういう意味ですか?」と訊きますが、岡田さんは「だってたのしいねんもん一緒におったら」と素丸出しで回答。この時点で川島は諦めます

 一応、三好さんが「自分と一緒にいたら、周りが楽しいってこと?」となんとか解説。それも随分傲慢な話ですが、本人はその通りとのこと。結局、あまりに突飛すぎた答えのため、オマケで亀井絵里さんの「マイペース」が正解に。

 そこに乗っかって三好さんが「じゃあ『言葉がゆっくり』もありですよね?」と訊きますが、当然却下。すかさず岡田さんが「喋るの遅くないって!」と否定しますが、その否定の言葉自体が遅いという王道のボケです。恐るべし。

 もうヤケになったリーダー、「じゃあこの際『ナイスボディ』もアリですよね?」とルール無視を敢行しますが、これは隣の道重さんから「全然違いますから!」とツッコまれ却下。しかし、ダークホース・オカダは更にその上を行きます。

 最後、「みんな書いてると思います」と前置きしつつ回答したのは「食べることが好き」。勿論該当者無し。フリとオチまで天然でやってのける岡田さんです。川島のオマケで道重さんの「お菓子が好き」が正解に。

 またしてもそこに乗っかってくる三好さん。「おやつ大好き」と更に「焼き肉」も正解だろう、と岡田さん自身に「めっちゃ好き!」と言わせた上に要求します。この三好さんの要求に、川島

「二つ要求する、そのかまし

三好さん、意外に俺ルールで生きる人です。

 ここで石川リーダーが自分の書いた「ナイスボディ」を指して「言ってない?」と最後の無駄な抵抗をします。すると岡田さん、突然過剰反応を示し、大声で

「私、自分でナイスボディって言ってます!?」

知らんがな。リーダーも聞いたことないそうです。その横で、キラーマシン二人は爆笑しすぎて互いに衝突事故を起こしています。あ〜パンクしてきたぞ。その爆笑の理由は、亀井さん曰く

「今、岡田ちゃんの大声を初めて聞いたような気がします」

大声だけで感動(?)を呼ぶ岡田さんです。道重さん、「おもしろ〜い」と呼吸困難気味に笑ってます。その様子を見て、川島こうまとめ。

「なんで大声か、っていうとたのしいからですよね」

全員無反応。ちょっとタイミングが悪かったね。川島、「岡田さんはビンゴさせるのは難しい存在でした」。

 結局ビンゴは出ず、一番多く当てた(と言っても三つ)道重さんが優勝。川島が三好さんが優勝できなかったことについて触れると三好さんは、「おかしいですよね、絶対おかしいですよ」と不満げ。そんな三好さんに岡田さんは「(フリップに書いてあることは)全部合ってる」とのんきな事を言うのでした。じゃあもうちょっと考えてやれよ。悔しがる三好さんに川島、

「三好さんは悪くないと思います」

続けて石川リーダーも「私たちは悪くない」とまとめ。全ては本当に、岡田さんの掌の上なのでした。完全に岡田ペースに、歴戦の吉本戦士さえも完敗。恐るべし、岡田唯

「たけしの誰でもピカソ」

 お笑い居酒屋。出演はカンニングアンガールズマギー審司キングコング。長期休暇の久本に変わって柴田理恵がスタジオに登場。店もちょっと綺麗になりました。

 どうでもいいことですが、たけしは娘と 5 歳になるまで会ったことが無かったそうで、故に誕生日も知らないんだとか。そんなたけしもおじいちゃん。おじいちゃんは今日も優しいです。

  • カンニング
    • 謎のトップバッター。故に緊張したのか、竹山噛み倒し。それに対する中島の「俺もツッコもうかどうしようか迷ったけど」ってのが面白い。あと、「先月の給料 17 万!」ってちょっと増えてるよね。売れてるねぇ〜。「うんこぐらいで引くな!」

 緊張して噛んだ竹山に対する、たけしの「頭だから(ああするしか)しょうがないよな」というフォローに、今田の「こいつ何番手でもこんなんですよ」というのが可笑しい。ごもっとも。カンニングのこの芸風は、竹山の借金地獄(MAX 400 万)によって、舞台で唐突にキレたのがきっかけだそうです。

 カンニングの夢は「お笑いウルトラクイズ」に出ることだそうです。竹山は上島からその頃の武勇伝をよく聞くんだとか。たけし曰く、当時番組の予算は 1 億円(!)だったそうです。それで観光バス沈めたり、サメに噛みつかせたり……時代です。

  • アンガールズ
    • ビリヤードネタ。意地なのかなんなのか知らないけど、相変わらず小道具がテキトーです。本物のキューを用意しろとは言わないから、せめて衣装ぐらい揃えれば良いのに……。キューの持ち方レクチャーして、最後に田中が突かれてしまうところのテンポが好き。完璧なリズムであります。ツッコミの方がボケっぽい。「なんだったんだよこの数分間………この数秒間」

 たけし評は「計算したネタなんだけど、ストレートに表現しないから、ヘタウマな感じ」と。「他のコンビはもっと早くやる。ツッコミも激しいし」と言うと、田中は「滑舌が悪いからゆっくり言うしかない」と告白。今田は「それがおもろいねん」。

 「他の漫才が無いと、こういうネタは有り得ない」「完全にこの人達のネタ」と、ダウンタウン以来の漫才の分岐の多さからの派生と評価。「今は、同じ様な漫才じゃダメなのかも知れない」とも。技術より、スタイルの方が重要になってきてるってことでしょうか。

 最後、今田が「使えますよウルトラクイズで」と言うと、たけしは「鍋に入れてダシを取りたい」と返答。どんなダシが……。

  • マギー審司
    • もう今更何を言うことも。既に大御所の感さえアリ。「ザワつくの止めて貰っていいですかね」

 「漫談の“間”を持ってるから持つ」とたけし評。

 マギー審司は、プロフィール上は「アメリカに魔術留学」ということになってるが、その真実は寿司職人留学で、客のマジシャンからマジック教えて貰っただけなんだそうです。だから、マギー司郎に弟子入りする前の方が手品上手かったんだとか。その場で基本的なマジック(お札が変わる、コインが消える)をしますが、タネは大体分かるのですけど、多分出来ない。テクニックの素養が見えます。

  • キングコング
    • リベンジに登場。初っ端から「ものすっごい稽古してきたんで!」と梶原が宣言して始めますが、その梶原自身が今にも忘れそうな危うい感じで逆に笑いました。ある一定のテンポに入ると強いですよね。で、そこから自分らで足を踏み外すから、どんどん危ない感じになっていく、と。それを「味」と取るか、「未熟」と取るかでしょうか。たけし的には前者っぽい。「……もっかいやろ」

 今回もちょっぴりネタを飛ばしてしまった梶原に、たけしは「ネタ失敗したときの方が全然好き」と。理由は「(あるボケを見たときに)次にどんなボケが来るかは客は予想付いてる。そこを外すのが面白い」。

 キングコング中田カウスボタンに憧れてるそうです。たけし曰く、「カウスは B&B の後に出るのは嫌がる」と。どうしても出るときは、 B&B の空気が静まるのを 5 分ぐらい平気で待つのだとか。そして自分達に引き込む、と。

 梶原は「見られるのがダメ」だそうで、身内が居るときなんかは「俺に何を期待してはんのやろ?」とアガってしまうのだそうです。これには今田もたけしも同意。

 これに続けて舞台前にやるジンクスが出来ないと気になる、という話題で、ぼんちおさむは新幹線に乗ってるときでもじっと出来ず、わざわざトイレまで行って叫ぶのだそうです。昔は、そこに紳助と洋七とたけしが加わって、鼻炎(紳助)呻き(洋七)首傾げ(たけし)の三時間交響曲だったそうです。怖っ。西野「どんな集まりなんですか」。

 カンニングの芸風そのものへのたけしのコメントが無かったのはちょっと残念。まぁ、コメントのしようもないだろうけど。あと、そろそろ芸人の顔ぶれが固定し始めたのもちょっと残念。もっと、「何でココに!?」と言うような芸人も投入して欲しいところです。