機種変更の季節ですね

今、すげー悩んでいることがあって、でも誰かに相談するほどでもなく、しかし、ウンウン唸りながら悩むだけなのは無意味なのでどうしようかななどと考えていたら、ここの存在を思い出しました。そうだ! ブログって日常のことも書いていいんだった!というわ…

「スーサイド・スクワッド」

「悪党」と口々に言うのだけど、実際に「どういう悪事を働いてきた悪党なのか」「どういうレベルでの悪党なのか」は、具体的描写が一切ない。説明文と、セリフで説明されるだけ。むしろ、子供を盾にするバッドマンの方がよほど悪党に見える。わざとそういう…

「悲しみの忘れ方」

2015年に公開された、乃木坂46のドキュメンタリー映画。アイドルのドキュメンタリーって初めて観たのですが、観終わって一番最初に思ったのは「なんでも“物語(ストーリー)”にしちゃうんだなぁ」という薄気味悪さでした。本人たちは頑張っている。とっても…

「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」

多分面白くないし、観たら観たで絶対に文句たらたらになるし、1800円払って良いことひとつもない映画なのに、不毛とわかりつつ、やはり観てしまう。こういうのがいるから、この手の映画は廃れないんだな。少しでも予想を裏切ってくれれば、と根拠のない思い…

「芸人キャノンボール」のおもしろさって。

元旦に放送された「芸人キャノンボール」が大変おもしろくて、久々に色んな人の感想を見て回ったりしたのですが、絶賛する人もいれば、当然ながら「面白くない」「つまらない」「不快だ」みたいな感想に当たったりします。別に感想は個人のものだし、基本的…

「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」

春の「大戦」映画を、ミッチーに騙されて観に行ってしまったら、事前の期待値の低さの更に下を行くゴミだったので、「単独映画は頑張ってくれよ……」と思っていたのですが、結局こちらもそれなりにひどい映画でした。残念。とにかく、「未来」を便利に使いす…

「仮面ライダードライブ」(終)

そりゃ確かに、ハートを始めとしたロイミュードたちの最期には胸は熱くなったし、ドラマとしても盛り上がったとは思います。けども、その中心にいるべき主人公・泊進之介の特異性というか「彼だからこそ」の部分が、結局最終回まで説得力を持って描かれるこ…

「仮面ライダードライブ」

魔進チェイサーが、紆余曲折を経て仮面ライダーとして覚醒する回。魔進チェイサーというキャラクターが登場したときから期待されていた展開がようやく訪れた! ということでものすごく期待していたのだけど、なんだかすごい雑だった。ここ数回、ずーっとフラ…

「Gのレコンギスタ」

この間終わった、フジテレビのドラマ「問題のあるレストラン」にノれなかった。構成されている要素が全て“記号”だったからだ。主人公も、その仲間たちも、敵対する社長も、その下の社員も、みんな「ドラマ上の一要素」だけを与えられた記号でしかなかった。…

「超能力研究部の3人」

劇映画部分とフェイクドキュメンタリーが合わさった、ちょっとだけ凝った映画。でも、フェイク部分が完全にフェイクではないお陰で、劇映画部分が投げたボールをフェイク部分が受けたときに生まれる言葉や表情が、逆説的に異様なリアルさで迫って来る。お陰…

「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」

欲を言えば、「ドライブ」の復活シークエンスはもうちょっと理屈をついていれば(テレビを叩いて直す的な復活)、もっと燃えたと思うけど、それでも「鎧武」はそれぞれのキャラの決着として、「ドライブ」は主人公と2人の“相棒”との関係の再確認として、なか…

「となりのシムラ」

情報を知ったときから結構期待していたけれど、実際に出来上がったものは期待通り、面白くて少し寂しい良いコント番組でした。特に捻ったものがあったわけではないけど、そのことが「例え有り触れたものでも、『志村けん』がやれば唯一のものになる」という…

「仮面ライダー鎧武」(終)

もう新シリーズ「ドライブ」も10話になろうという頃なので、簡単に。やはり、僕にとっては最初から最後まで乗り切れないシリーズでした。致命的だったのは、脚本と演出が最後まで噛み合なかったこと(どちらかが優れているのに、という意味ではない)。例え…

「ヌイグルマーZ」

映画としては、正直あんまり褒められた出来じゃないと思う。仕込みに仕込みまくった小ネタの数々と、王道なストーリー展開の食い合わせが微妙に悪くて、なんかずっと「笑いの保険」を掛けられ続けているような気まずい気分になる。じじ・ぶぅの使い方とかさ…

「仮面ライダー鎧武」

シリーズも序盤を終えようとしていますが、未だに乗れずにいます。ダンスチームを描いているのに、全くカッコ良くないダンスシーン。ダンスをカッコよく撮れていない。背景に貼ってある、無神経なほどにダサいポスター、溜まり場の雑な設計、一通りの演技し…

「Z女戦争」

妙に好きです、この曲。 だって、ここまで正しい特撮ヒーローソングって最近なかなかないですよ。 特にその歌詞世界。 一番の構成なんか、戦闘を生活とする女の子の描写に始まり、まさに第一話のオープニングに相応しい。そして「戦闘形態」と「日常形態」の…

「エウレカセブンAO」

もうさー、アニメでこういう「謎めいた言動をする謎の敵キャラ」って法律で禁止にしてくれないかなぁ……。もうキャラ設定欄に「謎」しか書いてないんじゃないかっていうこの手のキャラ、もう私はイヤです! しかもその手のキャラ、大体全部イタい台詞回しのカ…

「殺人狂時代」

観たい観たいとは思いつつ、「いや、ちゃんとした知識を身につけてから……」「いや、ちゃんとした眼を養ってから……」と色々な言い訳をして延ばし延ばしにしていたのだけど、ようやく「このままだと観ないまま死ぬな」と気付いて、観て、超絶に傑作だったので…

責任の所在

「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」に、ジャルジャルが出ており、その中で「めちゃイケ」でなかなか目立てない、というような話をしていました。 観ていてものすごくモヤ〜ッとする話です。それ、ジャルジャル自身にどれだけの責任があるんだろう?…

「特命戦隊ゴーバスターズ」

ついこの間、アキバレンジャーでネタにされたばかりの「どっちがホンモノ?」ネタの解決方法が「どっちも攻撃すれば良い」ってのは雑過ぎて笑った。「雑」とは言っても、イエローのキャラに則した雑さなので問題無し。 ただ、それ以外の部分は悪い意味で雑だ…

取り敢えず10日続いた

毎日更新してみようかなとふと思い立って 10 日、ギリギリ 10 日間は続きました。こうして決めつけてみると、今までは「もう時間ないや……」で済ませていたものが「今日のうち、30 分だけは文章書くのに使おう」」とそういう思考の仕方になるから不思議。あと…

「モーレツ宇宙海賊」

宇宙! 戦艦! 海賊! ってことで、一生懸命観ていたんですけども、どんなに観続けても全然頭に入ってこないので、「縁がなかった」と思って録画予約リストから消しました。すみません。 一番大きいのは、明確に敵役がいるわけでもシリーズとしての目的があ…

「ももクロ団」

用意された小道具を使ってメンバーを笑わせろ、という企画。 かつて存在した「ハロモニ」という番組でのこの手の企画は、大抵事故ってたので、企画趣旨を聞いたときはぞわっとしたものですが、始まってみればやっぱりちょっと事故ってたものの、まぁそれなり…

「非公認戦隊アキバレンジャー」

最近、某アニメを人から勧められてみたところ、もう秒単位で平成ライダーやら過去のロボットアニメなんかのパロディが仕込まれていて、ちょっと執念すら感じるぐらいの内容だったんですけども、見終わった後に何ひとつ本筋が頭に残らなかった上に、ちょっと…

「特命戦隊ゴーバスターズ」

始まった当初こそ、画面全体から嫌というほど伝わる「挑戦してます!」感が凄くて、実際画面も凄かったのだけど、なんか最近は「……と言ってもやっぱり、戦隊はこうでなくっちゃ、みたいなとこ、ありません?」みたいなイヤな感じの目配せを感じて、今後にも…

「ゴッドタン」

「マジギライ1/5」の日村篇。 やりすぎる安藤あいか、分析しすぎて言葉が温かくなってきてるあいなも面白かったけど、とにかく設楽が操る四番の破壊力に爆笑でした。特に「かかってこいよー!!」は夢に見た。 設楽が、例えば「バナナ炎」だとかラジオだけど…

「仮面ライダーフォーゼ」

弦太郎で恋愛問題をやるならば、やっぱり撫子の件には少しぐらい触れて欲しいなぁと、「MOVIE大戦MEGA MAX」大好きっ子の僕は思う訳です。まぁ、そういうキャラでもないし、そもそも今回のシナリオが「恋愛問題」なのかどうかは微妙なところですが……。 弦太…

「エウレカセブンAO」

今期、唯一観ているアニメ。他にもノイタミナ枠とか評判良いので観たいのだけど、まだ去年(!)録ってまだ観られていない番組もあるので、我慢。 「スーパーロボット大戦Z」シリーズが続編祭り状態なので、上手くシリーズが続けば「第3次スーパーロボット大…

「スーパーヒーロー大戦」を観ないと決める。

映画館の前で、20 〜 30 分ウロウロして、「もう観ない」と決めた、「スーパーヒーロー大戦」。 こんなこと、ただの自己満足だし、僕のようなカスが観ないからと言って、大勢に影響ないことは分かってはいるし、というか「批判をするならしっかりと自分の目…

「ウレロ☆未確認少女 DVD-BOX」

DVD

僕のコント番組原体験は何はなくとも「志村けんのだいじょぶだぁ」です。 たまの資料映像的な放送で観るぐらいで、オンタイム以降、ただただ記憶の中で反芻しているだけなので、記憶の中でかなり美化されている可能性はありますが、それでもその時間になれば…